Las Brisas 農園

1811年からスペインの植⺠地として、⻄洋建築を⼤いに取り⼊れたその美しい街の⾵景が今なお広がるサンタローザは、マニサレスとペレイラの間に位置し、世間にはコーヒータウンとして知られている。コーヒーの産地としてその名を知られるサンタローザは、1993年にツールドフランスで3位を獲得し、街の英雄となったアルバロメヒアの活躍により世界にその名前を轟かせた。eje cafeteroに位置しコーヒーの⼀⼤産地としてその地位を確⽴しているこの町では、現在でも継続的な品質の向上とまだ⾒ぬ味わいを追い求め、⽇々新たなコーヒー⽣産の試⾏錯誤が繰り返されている。

標⾼1,500mの⼭岳地帯で得られる新鮮な⽔は⾼品質なコーヒー⽣産に⽋かせない要素の⼀つであり、コーヒーチェリーを剥がすときに出る排⽔も⼟壌汚染をしないようため池を⽤意している。⼭々が連なった⼭塊の中の⾼原に位置する農園では、⾃然や⽔源に恵まれ⾔うまでもなくコーヒー⽣産にとても適した⼟地となっている。その土地で3世代に及び受け継がれているラスブリサス農園では、伝統的⼿法で政府に向け⽣産していたコーヒー⾖を辞め、より洗練された市場向けの⽣産へと切り替えた。⾼いニーズに応えるべく⽇々施⼯を凝らし、ウォッシュドやハニーにファーメンテーションの⼯程を加えるという⾰新的な⼿法を取り⼊れ、他の⾖にはない唯⼀無⼆の味わいのコーヒー⾖を⽣産している。

世間のスペシャリティコーヒーへの関心の高まりと、より洗練された市場の高いニーズに答えたいという意欲から、生産過程における研究、最新機械の導入、手順の見直しを繰り返し、現在の品質の高い豆を作り出すことに成功。ラスブリサス農園では生産者のロンドノ氏を中心に、日々新たな製法や技術の研究と教育が行われており、農園で働く全ての人々と共に豆の品質向上への探究を続けている。